プロローグ(まー と まーママの紹介など)

大胆にも、何の根拠もなく、中3の春に「私は京大へ行く」と担任に向かって言い放ったわが娘 まー!
そんな まー の子供時代を振り返ってみれば・・・。
小学校1年のとき、初めての運動会の徒競走で、勢い良くトップで走り出したはいいけれど、ゴール5メートル手前で自分の周りに誰もいないことに気づき、立ち止まって振り返り、みんなに追い越されてから初めてニッコリ笑って後を追いかけた娘 まー。
今思えば、その頃からずっと、闘争心や負けん気とは無縁の性格で、常にマイペースの子供でした。
そんな娘にまーママも、「人並みにさえ育ってくれれば」と思ってきました。
ただ、何事に対してもスローペースな娘が、将来本気で何かをしたいと思ったときに、ベースになる知識や学力・体力はつけておいてほしい ということも同時に思っていました。
人生いつからでも夢に向かってスタートできるけれど、明らかに子供時代・学生時代に身につけておいたほうが有利なことがあるのも事実ですから。
そんなことを折に触れて、娘に言い聞かせていましたが、まー は聞いているのやらいないのやら(;´д`)トホホ

そして、まー は地元の小学校から中学校へと進学したのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。