京大学術語彙データベース基本英単語1110

京大学術語彙データベース基本英単語1110(研究社刊)がこのほど出版されました。この英単本は、京大教育言語学の田地野彰教授らのグループが中心となって、京都大学の各研究科の教員から推薦された英語学術雑誌約170誌にわたる最新論文から実際に使われている英単語をデータベース化したものを研究社にライセンス供与という形での出版が実現したもので、延べ約1000万語から日常語を除き、分野を超えてよく使われる重要な学術語を「文系・理系共通」とし、他「文系」「理系」の計3系統で約1110語をピックアップしてあります。
なかには、外部資金を調達して投資する「leverrage」などのニュースにも登場する単語や、ES細胞の頭文字Eを表す「embryonic(胚の)」などの先端科学の理解に役立つ単語も収められており、大学生の学習や研究、社会人の実務や教養に必須の1冊といえます。

京大入試英語
は、日本一アカデミックな内容ということで知れ渡っていますので、受験生の方も今後この英単本を活用される方が増えるのではないでしょうか。

京大学術語彙データベース基本英単語1110

↑楽天ブックスは安くても送料無料+ポイントつき
この記事がお役に立ったらポチッと→ にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。