ダヴィンチ入試への出願終了

ダヴィンチ入試というのは、京都工芸繊維大学のAO入試のことです。
京都工繊大のAO入試は、国立大学の数少ないAO入試のひとつで、実施時期もAO入試にしては比較的遅めなので、知る人ぞ知る・・・という感じになっているようですね。
ま、京都工繊大じたいの認知度が、国立大にしては格段に低いので、あくまでもその範囲で、ということなのですが・・・
何はともあれ、そのダヴィンチ入試の出願が10月1日~8日でして、京都工繊大が第一志望のまー としては、受験のチャンスを1回でも増やしたいということで、当然のことながら出願をしました。
AO入試ということで、願書のほかに「志望理由書」「自己推薦書」などの提出もあり、何度も原稿を書き直し、塾の先生に添削していただいたりして、半月ほどの間、てんやわんやの大騒ぎでした。
その騒ぎも一段落し、出願も終えましたが、本番はこれから・・・。
まずは11月1日の一次試験に向けて、小論文対策を遅まきながら始めています。
ダヴィンチ入試というのは、講義を受けてのレポート作成があったり、専攻過程によっては、グループディスカッションがあったりと、一風変わった選考形式であるため、本当にここで学びたいと思って受験する子供たちには大変有意義な経験になるようです。
あと10日ほどしかありませんが、ともかくできることは全てやったと言えるように、頑張るしかありませんね^^;
 京都工芸繊維大学のダヴィンチ入試
   ↓   ↓   ↓
  http://ac.web.kit.ac.jp/
ブログランキング 学校と教育全般

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク