模試の活用法

模擬テストの結果の利用法については、以前にも少し書きましたが、今月 まー は、毎週末模擬テストを受けに行っていましたので、あらためて模試の活用法ついて考えてみたいと思います。
まー の高校では、学年の始めに 進研模試(ベネッセ)と全統模試(河合塾)の2つを一括申込します。ゆえにこれらの模試はすべて受験することになります。 加えて、まー が通っている塾では、シニアテストという模試をずっと受けることになっていますので、これらが同じ月に重なってしまうと(今月みたいに)毎週末が模擬テストになってしまい、1週間を振り返る間も、遅れを取り戻す間もないような状況に陥ってしまいます。
こういうときに大切なのが、せっかく受けた模試を受けっぱなしにしないということ。
まー が行っているのは個別指導の塾ですので、カリキュラムには弾力性があります。そこで、模試を受験した直後の塾の日には、かならず模試の問題を持参させ、先生に見ていただき指導していただいています。
模試というのは、学校の定期テストなどとは違い、今習っているところだけでなく過去に習った単元なども多く出題されますよね。ですから、模試を受けると、「あ~これどうだったっけ?」「前に習ったときには解けていたはずなのに~」となることも多いです。 そこで、本人が以前の範囲を勉強しなおしたり、見直したりしてくれればいいのですが、なかなかそうはいきません。喉元過ぎれば熱さ忘れるってやつです(><)
ですが、模試を受けている最中は、さすがに本人も真剣にその問題に取り組み、一生懸命解答を導き出そうと頑張ったはずなのです。その頑張ったアタマが冷めないうちに、疑問に思ったり忘れていることを自覚した問題をしっかり復習&確認してしまうのです。まさに、鉄は熱いうちに打て!です。
(今日はことわざばっか^^;
この記事がお役に立ったらポチッと→ Click
教育問題全般 – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク