偏差値のこと

偏差値の大学受験等における位置づけとは・・・
受験の際に参考にするデータといえば、大手予備校などが実施する模擬テストなどの受験結果における、いわゆる偏差値です。
各大学や各学部ごとの偏差値ランキングを志望校選択の際の参考にされる受験生は大変多いと思います。
ですが、もともと偏差値というのは受験者の平均成績に対してどの程度離れているかを表す数値ですので、あくまでも何のデータをもとに算出するかで、当然結果にバラつきはでてきます。
偏差値自体はある特定の母集団の中における本人の学力的な位置を表しているだけに過ぎず、そこで得られた平均偏差値の多寡がその大学の社会的評価と直結しているものではありません。「ランク」はあくまで予備校等が自社の行う模擬試験によって各自算出しているに過ぎないものなので、あくまでも全体のなかでも大雑把な位置づけというつもりでデータを利用したいものです。
特に、近年は少子化に伴う志願者の減少のため、中位ランクの大学を中心に偏差値が下落する傾向にあります。
そういった傾向も踏まえて偏差値だけでなく、大学進学後に何を学びたいのか、その大学にはどういった特徴があるのか、卒業後の進路は何を希望しているのかなど、総合的な視点から、志望校を選ぶことが大切なことだと思います。
偏差値アップするには – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク