偏差値アップのために親ができること

偏差値アップのために、親の立場からできることを考えてみましょう。
単純に「勉強しろ」と言っても意味はありません。
まずは、偏差値の意味合いをきちんと本人にわからせる必要があります。
偏差値というのは、母集団のレベルによっても変わってくるので、難関大を目指すのならば、中途半端なレベルの模試などでの偏差値が高くてもあまり参考にはなりませんし、どのレベルの模試を受けるのがいいのかを親のほうでコントロールして、出てきた偏差値や判定を見て油断してしまったり、逆に落ち込んでしまったりしないように、気をつけてあげる必要があると思います。その偏差値で親自身がうろたえるようではもってのほか!
まずは、目標設定=志望校決定、そこから逆算して、いまどのレベルの模試でどのくらいの偏差値をたたき出しておくのか。
偏差値についてのそういう情報をしっかり収集するのも親の努めではないでしょうか?
大学受験 – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク