センター試験vs二次試験

センター対策と二次対策の比重について調べてみました。
基本的に国公立は難関大学になればなるほどセンターの点数は傾斜がかかり、大きく失点しても2次で挽回しやすくなっています。
東大や京大の合格者のセンター平均点が8~9割なのは、単に合格者がセンター試験でも高得点を取る傾向にあるというだけで、センターぼろぼろのくせに普通に2次で挽回して合格する人はたくさんいるそうです。
合格のコツは、いかに2次で必要な科目に時間を費やし、いかにセンター試験を省エネで乗り切るかということのようです。
受験産業では、一般にセンター試験に非常に重点をおいたほうが良いように言われています。しかし実際は、旧帝大レベルなら、センターは足きりにさえひっかからなければOK。
そのためにも、事前にしっかりと下調べをして、科目選択や学習効率をきっちり決めていかねばなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク