センター試験の重要性

センター試験の重要性を、いくつかのポイントに分けて書いていきたいと思います。
まず、国公立大の場合は、一般的にセンター試験と個別試験両方の得点が合否判定に利用されます。センター試験の得点を重視する大学や学部もありますので、その場合は特に合否への影響は大きくなります。できるだけ早い時点で、志望大・志望学部の配点などを調査しておく必要があります。
国公立大で、第一段階選抜(いわゆるアシ切り)を実施する場合、選抜基準はセンター試験の得点となります。センター試験の得点が大学の設ける基準に満たない場合は、出願しても個別試験(いわゆる二次試験)を受験することすらできません。ですから、二次試験重視の超難関国立大学を目指す場合でも、ある程度のセンター対策を行なっておく必要があります。
一方、ここ数年は 私立大でも、センター試験利用入試を導入する大学・学部が年々増加しています。センター試験の得点のみで合否が決まる大学も多くなっていますので、第一志望の国公立大と受験科目がマッチする私立大を併願することで、併願校への特別な対策が必要なくなるケースも多いです。早めに受験科目等をリサーチし、直前になってウロウロしないようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク